梅小路百周年   TOP

  14.10.10(金) 晴
 
 10月10日はいろんな記念日。 晴天の多い特異日でもある。 だから東京オリンピックの開会式になった。 それから50年経つ。
 
 2代目京都駅が8月に開業100年の日に探索に訪れたことは以前に報告している。 今日は梅小路機関区の百周年。
梅小路機関車館
 
 それに合わせて北海道で走っていて、修復されたSL「義経号」が動く。 少しだが、体験乗車もできる(今日だけ)。
 
 15時から式典が始まるので、14時半ごろ行ったらすでに人が一杯。
梅小路機関車館機関車庫
 
 ざっと見て500人以上いる。 平日の昼間なのにこんなに集まるなんて。 体験乗車する幼児も100人以上。
 
 スチーム号を曳いていた機関車が切り離される。ターンテーブルに乗って引き込み線に移動する。
切り離された8600ターンテーブルに乗る
 
 梅小路機関区百周年記念式典が始まる。 式典が終わって、義経号の除幕。
除幕された義経号が出てきた
 
 除幕が終わって、テープカットがあって、ようやく義経号が出てきた。
 
 ターンテーブルに乗ってぐるりと回る。 
ターンテーブル上の義経号
 
 スチーム号と連結。 隣りに退避している8600型よりかなり小さい。
 
 体験乗車できるのは、招待された近くの幼児。
義経号がスチーム号になる
 
 もう一回ある体験乗車には一般客も乗れる。 切符売場には長い行列ができている。
 
 一回目の体験乗車を終えて、義経号が戻ってくる。 人の間からカメラを突き出して撮る。
戻ってきた義経号
 
 今度は外で撮ろう。 機関車館を出る。
 
 直線の線路でとるつもりだったが、人が集まってきた。 仕方がない。 線路脇でカメラを突き出す。
義経号を外で撮る
 
 何とか写真に収める。 すこしのあいだ義経号は展示される。 スチーム号を曳く予定はないとのことだ。
 
 SL人気がこんなに高いとは、感心しつつ退散することに。

 本日の走行距離 48.9km 走行時間 2時間 51分 平均時速 17.1km/h TOP
inserted by FC2 system