鬼やらい   top

  1月 29日(日) 曇時々雪が舞う 
 朝起きた時から古傷の右ひざが痛む。 少し自転車に乗れば良くなる(筈)。
 
 朝から西風が強い。 西に走り出そうとしていたが、急遽変更。 嵐山は26日に行ったばかりだしナ。
 
 ホントは70kmぐらい走るつもりで家を出たのだが... そうすれば1月の走行距離1000kmが見えてくる。
 
 決して無理をしない。 1月だけ走るわけでもないから。
 
 直接背割堤に出る。 羽束師橋に出てCRで行くのが普通だけど、今日は軟弱。
 
 
 走っていても体が温まらない。 手は冷たい。 時折白いものに巻き込まれる。
 
 男山八幡宮に到着。 京都で一番早い節分が行われる。 「鬼やらい」は13時と14時のようだ。
男山八幡宮
 
 まだ時間がある。 流れ橋まで行こう。 八幡市内を適当に走る。 ここで迷っても木津川にさえ出れば戻って来れる。
 少し? かなり? 流れ橋を行き過ぎて府道22号線に出る。 八幡側から流れ橋を見る。 変わってないナ。
 
 12時過ぎ男山八幡宮に戻ってきた。 山上の本宮まで登りだす。 
 
 少し登り始めたところで、奇異 聞きなれた声が聞こえてきた。 ハテ?
 男1の声はO村氏 男2の声はF谷氏 上りだから足元を見ていて、顔を見ないでも分かった。
 
 にぎやかな三人組に、「聞いたことのある声やナ」と、声をかける。 ようやく気付いてくれた。
 
 この前蹴上で出会った新三人組。 「これから鬼やらいやのに帰るのか?」と尋ねると、
 「かえってマラソンを見なアカン」という。 大阪女子マラソン 期待の野口みずきは回避したようだが、
 やはり京都の福士選手が本命視されている。 なるほど。
 
 でも 女性は「F谷さんに騙された」と言っていた。 寒くて仕方ないようだ。 この季節だからネ。
 春になったら、一緒に走りたいですね。
 
 
 山上の広場でうまいもん市が開催されている。 東北の黒石 つゆ焼きそばを食す。 寒いから暖かいものが。
 
 本殿の前では鬼やらいを待つ人で一杯。 その後列に並ぶ。 前も後ろも人で一杯。 身動きできない。
 
 
 しばらくして神主やらが登場。 儀式が始まる。 桃の弓でお祓い。 桃の刀でお祓い。
 
 そのうち鬼が登場。 赤鬼2青鬼2の4匹?。
鬼が登場鬼が登場
 
 鬼が襲いかかろうとすると、「鬼やろう」と豆をぶつける。
 転げまわる鬼。 しばらくして鬼は退散。 豆まきが始まる。
鬼が襲いかかる鬼が襲いかかる転げまわる鬼
鬼は退散鬼は退散
 
 幸い人にあたって方向が変わった豆が左手に収まる。 帽子を受け皿にしていたがなかなか入らない。
 
 13時30分頃かな そろそろ豆まきも終わるので、歩き出そうとしたら右膝が動かない。
 寒さの中1時間近く棒立ちだったので、膝が固まってしまった。
 
 門の外まで来ると、鬼は次の出番まで待機中。 その間も子供たちと記念撮影。 もちろん泣き出す子もいる。
鬼は待機中
 
 
 右足を伸ばしたままで坂を下りる。 少し怖い。 でも何とか平坦地まで降りる。
 
 自転車で軽く走れば膝はほぐれる。 ナントか家まで帰る。
 
 風呂に入って、シップを貼まくる。 明日は痛みが取れていますように。

 本日の走行距離 58.2km 走行時間 3時間 11分 平均時速 18.3km/h TOP
inserted by FC2 system