祇園祭鉾建て MAP 11日 12日 13日 16日 top

  7月 11日(日) 終日雨
 朝から結構雨が降っている。 でも出かける。 祇園祭鉾建て二日目の鶏鉾。
 
 放下鉾(新町四条上る)の横を通り抜け、室町四条下るの鶏鉾に来る。
 四条通にある鉾は人通りが多く近づきにくい。 新町や室町通の鉾は近づけるが見にくい。
 
 ここは近づけるし、道幅も広い。 その上雨をしのげる場所もある。 これで3年連続だな。
 
 すでに鉾は倒され、心柱の用意がなされている。 アレ 心柱が新しい。 更新されたんだ。
 古いものには安政4年の年号があった。 心柱だけでなく弓と呼ばれる美しく反った木も新しい。
倒された鉾新しい心柱
 
 鉾を組んでいる職人(作事方)の棟梁が見えない。 大工方に聞くと「亡くなった」と一言。
 伝統行事も、人も物も少しずつ変わっていくんだナ。 ホンの少し感懐がわいた。
 
 サカキに御幣(ごへい)をつける頃、土砂降りになった。 いつもは町内の人が多いのだが、さすが今日は少ない。
 僕も数枚つけるのを手伝った。 こんな時でないと出来ないこと。 でも付けている最中に落ちるものが。 雨に濡れて耐えられない。
土砂降りに御幣をつける付けても落ちるが
 
 13時半ごろ鉾起こしが始まる。 四条通の函谷鉾はいつも早くに鉾起こしがある。 クレーン車を使って。
 鉾が起きて作事方は休憩。 僕も昼食に出かける。
鉾起こしが始まる
鉾起こしが始まる
 
 午後の各鉾の状態を見回って、鶏鉾に戻ってくる。 雨は強弱はあるが止むことはない。
岩戸山船鉾放下鉾
菊水鉾月鉾函谷鉾
 
 作事方の一部は雨具を着ているが、大工方と作事方の主だった人は着ていない。 かなり冷えるだろう。 風邪を引かないといいが。
 
 鉾の上部に人の乗る部分を造る。 作業は続いてるが、体力の限界が来た。
人の乗る部分を造る
 
 今日はこれで帰ろう。 明日晴れていたら引き初めを見たい。

 本日の走行距離 24.4km 走行時間 1時間 27分 平均時速 16.9km/h 11日 12日 13日 16日 top
inserted by FC2 system